キャッシングの利用限度額について
便利

キャッシングの利用限度額について

キャッシングをご利用開始するときには、必ず審査があります。
この審査の後、各キャッシング会社で借入の利用限度額が設定されます。
では、この利用限度額とは何を基準に設定されるのでしょうか。

利用限度額とは、借りたい人に対してキャッシング会社が貸してくれる、融資額の上限を指します。
利用限度額が50万円でと決まれば上限が50万円、という意味です。
つまりマックス50万円までお金を借りることが可能になります。

お金を借りる場合、この利用限度の枠内であれば、借入と返済を何度でも繰り返しながら利用することが出来るのです。
ではイメージしてみましょう。
利用限度額が50万円であれば、一回で50万を借りた場合、追加で借りることはできません。

30万円を借りている状態なら、残り20万円は借りることが出来ます。
50万の上限いっぱいに借りていても、返済が進めば返した分はまた借りることが出来るという仕組みです。
これはなぜ設定されるのでしょうか。

キャッシング会社に対しては貸金業法という法律で細かく取り決めを国が決めています。
その中に、総量規制と呼ばれている制度があります。
これは、年収の三分の一を超える融資は法律で禁止しています。
利用限度枠は返済能力を考えて決められているのです。

このページの先頭へ